花

家族葬や遺品整理のことなら業者にお任せ|信頼できる業者を探そう

ご先祖様を大切にしよう

シニア

適正価格や形状

お墓はご先祖様や近親者がとこしえの眠りにつく場所ですので、きちんとしたものを用意せねばなりません。墓石の値段に限っていえば平均が150万円程度となりますが、全体でいうとその価格については、はっきりとしない部分が多いのが現状です。 また、平均はあくまで平均であり、その価格についてはケースバイケースとされるパターンが目立ちます。では、なぜ墓石の値段に差異が生じるのかといえば、墓地の種類や広さが影響しているからです。具体的にいうと、土地の使用料である永代使用権や、使用する材料の違いが響いています。また墓石は、地域によって標準とされている形状が異なります。例えば九州の墓所は、下部に納骨堂を設置することが一般的になっており、その分多めに材料を使用しています。そのため、装飾が大きければ大きいほど、費用がかさむことになります。

なぜ墓地を用意するのか

故人を偲ぶためには、その人が眠っている場所が必要になります。 直接顔を合わせたことがなくても、自分自身のルーツを知るという意味で、お墓を設け、そこに参るというのは重要です。 墓石の設置やお墓参りは法律で定められた義務ではないために、気を抜くとおざなりになりがちです。しかし、墓所に行くことにより、既に亡くなってしまった方の思い出を振り返ることができます。 過去を振り返ることは、必ずしも後ろ向きになることを意味しません。 以前起きたことから教訓を学び、未来に活かすこともできます。 毎日詣でるのは物理的に難しくとも、命日やお盆など、一年に2回か3回は足を運び、家族との絆を再確認するというのも、現代社会では必要な事柄の一つでしょう。