花

家族葬や遺品整理のことなら業者にお任せ|信頼できる業者を探そう

お墓を建てる

お葬式

お墓とはなにか

お墓とは、故人の骨を納めるためのもので、一般的には石で造られています。石は御影石が使われており、お墓に使われる石は墓石と呼ばれます。墓石は耐久性に優れており、故人の名前や法名や戒名などは刻まれているので、半永久的に存在することができます。このため、古くはお墓は一族や一家といった家族が共有するといったものであり、先祖代々守っていくといった性質のものでしたが、一方で近年は、考え方の変化によって個人のお墓も増えてきています。また、分家すると新しいお墓を持つことになることが多く、そのため現在でもお墓の需要は存在し続けており、お墓の数は増え続けています。その反面、核家族化などもあり、参る人がいなくなった無縁墓も増えてる傾向にあります。

建てる際のポイント

お墓を建てる際のポイントとしては、その墓石を設置する墓地の種類です。一般的には宗教団体が墓地を提供していますが、民間の霊園も存在しています。いずれにしても家から近い方が良いですが、都会の墓地では管理費用が高いことがあります。また墓地によっては管理が行き届いていないところもあるため、事前に調べることが重要です。墓石に関しては、現在は輸入された御影石が使用されており、品質も安定しているため、よほどのことがなければ失敗することはありません。一方で、墓石は重量があるため単に置いただけのものが主流ですが、大きな地震が来た場合には倒れる可能性があります。倒れて割れてしまった場合にはお墓を作りなおす必要があるため、耐震加工がされたものを選ぶのもポイントになります。